HOME > HISTORY OF Whitehouse Cox

HISTORY OF Whitehouse Cox

英国第2の都市バーミンガムから北西15キロ、

ウォルソールにあるホワイトハウス・コックス社は、

ホワイトハウス氏とサミュエル・コックス氏によって

1860年に創業しました。  

 

ホワイトハウス・コックス社の100年以上にも及ぶ

長い歴史の中で、創業当時から1920年代までは、

乗馬用の鞍や手綱などの高品質な馬具、そして

英国軍などからの依頼を受け、様々な軍需用の

アイテムを製造してきました。

の後、大きな変革期が1930年代に訪れます。

まずはペット用の首輪を製造。そして当時の

英国上流階級の人々から要望を受け、既存の

製造品目の中にカフスボタン入れ、カラーボックス・

シェービングキットなどのスモールレザーグッズ、

そして移動用のバッグやラゲージなどのファッション性の

強いアイテムが加わるようになりました。  

 

その年代に製造されたアイテムの素材は、殆どが乗馬用の鞍に

多く使用されていたブライドルレザーで、その革でこのような

アイテムを作ることは、当時としては非常に斬新なアイデアでした。

1970年代後半、またもやホワイトハウス・コックスに

大きな転機が訪れます。 それまでは英国内での

百貨店や専門店が主なマーケットだったのですが、

たまたま、高級百貨店『ハロッズ』のペット用品コーナーで、

ブライドルレザーでつくられたの犬の首輪や、丁寧に

手で編まれたメッシュのリードを見た、ニューヨークの

デザイナー『ラルフ・ローレン』からそれを元に人間用の

ベルトにアレンジしたいと依頼を受け、それを

ポロ・ブランドで商品化し、後に大ヒットになりました。

その後、この噂を聞きつけた世界中のバイヤーや

デザイナーから数々のオーダーを受け、マーケットは

英国内にとどまらず世界中に広がりました。  

 

そして現在も、常に時代にマッチした英国風ライフスタイルの

神髄を追求した、様々なレザーグッズの製造を続け、

5代目社長スティーブン・コックスにホワイトハウス・コックスの

伝統は受け継がれてるのです。現在のブライドルレザーの

商品も1930年代同様、伝統に裏打ちされた

確かな技術力によって当時と同じ製法で作られています。