HOMEコラム眠りのコラム > 快適睡眠情報 眠りのコラム(夏の睡眠Ⅱ)
コラム

快適睡眠情報 眠りのコラム(夏の睡眠Ⅱ)

       

           Welcome to Sleep Room

 

            快適睡眠情報 眠りのコラム

涼しく快適な寝室

睡眠不足から

 

夏バテになりがちな季節

 

 

 

私たちは寝ている間に、通常一晩でコップ一杯分もの汗をかきます。

 

高温多湿な夏は、その発汗量が約2倍になると言われています。
 
その汗の約70%は敷布団に吸収されますので、背中と布団の接着部分の湿度が上昇し、蒸し暑さが増します。
 
 
その為、必要以上に寝返りの回数が増え眠りが浅くなり睡眠中に十分な疲労回復が行われず、朝起きても疲れが残り「夏バテ」の原因になっています。
 
敷布団の上には、天然素材で吸湿性、放湿性が良いパシーマパットシーツや、放熱性が良く、ひんやりとした涼感を保つ本麻敷シーツをお勧めします。
 
 

 涼しく快適な寝室(クーラーを

 

上手に活用)

 

 
理想的な夏の寝室環境は、室温25℃~27℃・湿度50%~60%とされています。
 
室温28℃・湿度70%を超えると寝つきが妨害され夜中に何度も起きてしまいます。
 
室温を下げる為にクーラーを上手に活用しましょう。
 
寝る30分~1時間ほど前にクーラーを付けておくと部屋全体の空気が冷やされていますので体温が低下しやすく寝つきが良くなります。
 
クーラーの注意点は風が直接体にあたらないようにし、寝付いてから2時間ほどで急激に体温がさがるので就寝から2時間~3時間で切れるようにタイマーをセットするのが良いでしょう。
 
又、寝室の窓から早朝日が差して室温が上がる部屋の場合は、暑くて早く目が覚めてしまうのでタイマーを
設定して明け方からエアコンを動かすのも良いでしょう。
 
寝室は適度な温湿度を保ち、夜寝る前と朝起きた後の水分補給も大切です。
 
寝苦しい夏の夜♪睡眠環境を見直してみましよう。